TOP
  1. ホーム
  2. ブログ
  3. 和歌山市が自主避難先を変更

BLOG

ブログ

2020.06.
02

和歌山市が自主避難先を変更

その他

当ブログでは『防災』も大きなテーマです。

以前、こんな記事を投稿しました。

<「避難場所と避難所の違い?」2019.12.03>

 

簡単に復習しますと、

「避難場所」は緊急時に逃げる場所、

「避難所」は避難生活をする場所、でした。

 

今日はその「(緊急)避難場所」の話題です。

次の記事をご覧ください。

<わかやま新報「和歌山市が自主避難先を変更 感染防止対策で」>

 

今、和歌山市では、災害発生時に、

「警戒レベル1~5」の5段階に分けて

避難情報や防災気象情報を発信しています。

 

指定避難場所は、警戒レベル3以上の時に

必要な人が緊急避難する場所です。

 

市ではその他に、上記の避難指示以前でも

自主的な判断で避難を決断した人のために、

公民館や自治会館等を自主避難場所として

開放できるようにしていました。

 

しかし、公民館や自治会館は狭い。

新型コロナウイルスの感染防止対策には

不適切な場所です。

 

そこで、より広い小学校や中学校を

自主避難場所にしよう。

そういうニュースです。

 

とても地味なニュースですが、私は

とても大事な情報だと思います。

緊急時の避難場所が変わるわけですから。

 

新型コロナ対策で、社会が変化しています。

迅速な対応の自治体関係者に感謝しつつ、

当ブログでも、折を見てこうした情報を

伝えていければと思います。

 

<和歌山市HP「災害時の避難について」>

SHARE THIS POST

最新記事

記事一覧に戻る

  1. TOP
  2. ブログ
  3. 和歌山市が自主避難先を変更