TOP
  1. ホーム
  2. ブログ
  3. 避難場所と避難所の違い?

BLOG

ブログ

2019.12.
03

避難場所と避難所の違い?

その他

土地

番宣ではありません(笑)

NHK『体感 首都直下地震ウィーク』

12月1日から1週間の大型特集番組です。

 

災害対策はまちづくりの基本なので、

関心はありますがとても全部は見られません。

でも、一部を拝見しただけでも、

初めて知ったことが、いくつかありました。

 

その一つが「一時避難場所と避難所の違い」

どっちも同じように思うのですが、実は

避難所と避難場所、全くの別物なんです。

 

定義は次の通りです。

 

◆ 避難場所:身を守る為に避難する場所

※ 避難場所の地図記号

◆ 避難所:地域住民が避難生活をする為の場所

 ※ 避難所の地図記号

 

緊急時に取り敢えず逃げる場所は避難場所で、

避難所ではないみたいです。

 

さてこの違いが分かった上で、驚いたのは、

自宅に帰れない場合の対応です。

 

番組では、災害が発生時には先ず避難場所や

職場等の安全な場所へ行き、情報を得るまで

その場にとどまることを促していました。

無理な帰宅はかえって危険なようです。

 

ですが、そこからどうやって過ごすのか。

避難所は地域住民の為の場所なので、

住民以外を受け入れてくれない可能性が

(場合によっては)高いようです。

理由は許容範囲を超えるからだそうです。

 

先日の台風で路上生活者の避難所利用を

拒否した事例のニュースを思い出しました。

<ホームレス受け入れ拒否で表面化…避難所、出張者・旅行者・ネカフェ難民は入れない?>

 

我々も出張先などで同じ境遇に陥る可能性が

十分にあるのだなと気づかされました。

 

ある程度襲来が予測できる台風などと違い、

地震は突発的にやってきます。

通信の不通も十分に予想されることなので、

家族との緊急退避先の事前打ち合わせは、

自宅よりむしろ外出先について綿密に

行った方が良いのかもしれませんね。

 

続きも、録画などを利用して、

可能な限り見ようと思いました。

 

<和歌山県HP:避難場所・避難所について>

<和歌山市HP:災害時における避難所及び避難場所一覧表>

SHARE THIS POST

最新記事

記事一覧に戻る

  1. TOP
  2. ブログ
  3. 避難場所と避難所の違い?