TOP
  1. ホーム
  2. ブログ
  3. 水道管の老朽化率16%!

BLOG

ブログ

2019.07.
08

水道管の老朽化率16%!

その他

土地

建物

先日、某公共放送のニュースで、

「和歌山市の水道管は約1,500㎞ありますが、

その老朽化率は16%!約240㎞が老朽管で、

その更新がいま問題になっています」

という話題に目が留まりました。

 

これがなかなか、順調にいってない様子です。

水は口に入るものですし、どうも聞き捨てなりません。

ちょっと深掘りしてみました。

 

まず水道管の耐用年数です。

材質によりますが、一般的な物で20~25年

長い物で40年程度だそうです。

思ったよりも頻繁に交換しなければならないようですね。

 

そもそも水道網が全国に完備したのは1975年頃

道路舗装と同じで、案外最近なんですね。

(参照「道路の舗装について」)

「蛇口をひねればそのまま飲める水が好きなだけ手に入る」

この環境は思っているほど当たり前にあるわけではなさそうです。

 

水道工事は有効な不況対策でもあったようです。

2000年頃まではものすごい投資額だったのですが、

その後は不況対策としての財源は尽きて、

逆に維持費が自治体の負担になってきました。

そこに更にかぶさってきているのが、

設備の耐用年数期限切れです。

いっぱい投資した分だけ、いっぺんにやってきます!

 

国も自治体もあの手この手と対策しているようですが、

そう簡単にはいかないようです。

 

しかし、水道は今やあって当たり前の公共サービスです。

水道がない生活など考えられません。

 

どういう対策がなされているのか。

少しずつ追っていきたいと思います。

SHARE THIS POST

最新記事

記事一覧に戻る

  1. TOP
  2. ブログ
  3. 水道管の老朽化率16%!