TOP
  1. ホーム
  2. ブログ
  3. 契約の最初に取り交わすお金

BLOG

ブログ

2021.05.
19

契約の最初に取り交わすお金

土地

契約

建物

「頭金」「手付金」「工事着手金」

 

不動産の賃貸契約や売買契約、

あるいは新築工事の請負契約などで、

よく耳にする言葉です。これ、

どんな性格のお金なのでしょう?

 

まず、物を買ったり借りたりする時、

普通はその場で物とお金を交換しますね。

 

でも土地や家は、普通の商品のように、

その場で交換するという訳にはいきません。

 

そこで、合意した内容を契約書に書いて、

期限までにお互い準備をします。

 

例えば、土地売買で売主なら、

古家を解体して整地したり、

測量や登記を実施したりして、

約束した商品に整えるなどします。

 

一方で買主は、ローン申し込みなどで

購入資金を用意するなどします。

 

そして、約束の日までに準備を整えて、

取引を完了させることになります。

 

不動産の契約はこのように、

契約日から最後の決済日まで、

期間が必要な契約が多いのです。

 

さて、ここで問題が生まれます。

契約日から決裁日まで期間があるので、

途中で解約になる可能性があります。

 

特に、商品を用意する売主側は、

先にお金も使って準備する場合が多く、

本当に買ってくれるのか不安です。

 

そこで冒頭の「手付金」など、

契約の最初に取り交わすお金が出てきます。

 

これらのお金は、多くの場合、

商品代金の一部を先払いして

購入意思を強く示すという他に、

途中解約の為の預け金だったりもします。

 

この手付金のように大事な約束事は

内容が必ず契約書に明記されています。

(書かれてないのにお金の請求があったら

それは大問題!どうかご注意を‼)

 

消費者保護や取引保護のための各種法令が

適用されている時もあるので、

少し難しい書き方の場合もありますが、

とても大切なことが書かれていますので、

納得するまで十分に説明を受けて、

その後でお金を取り交わしてください

 

それともう一つ、要注意は、

契約前に「申込金」などが必要な場合。

またいつか詳しく説明しますが、

基本は「契約前に預けるお金は、

キャンセル時には全額返還」です。

違うケースは気をつけてください。

SHARE THIS POST
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

最新記事

記事一覧に戻る

  1. TOP
  2. ブログ
  3. 契約の最初に取り交わすお金