TOP
  1. ホーム
  2. ブログ
  3. 不動産投資 ~物件管理②~

BLOG

ブログ

2021.05.
28

不動産投資 ~物件管理②~

土地

契約

建物

こんにちは!

株式会社イエステージ中村拓海です。

 

前回は物件管理の仕組みや費用についてお話しました!

本日は前回の続きとして

良い管理会社を見分けるポイントについてお話しします。

良い賃貸管理会社を見極めるための判断ポイント

 

良い管理会社の7つの特徴

  1. 管理手数料が安い
  2. 対象のエリアで実績がある(管理戸数)
  3. 社歴が長く、行政処分を受けていない
  4. ホームページがしっかりしている
  5. レスポンスが早い
  6. 入居者の仲介も行っている
  7. 保証会社と提携している

1.管理手数料が安い

管理手数料は多くの会社で家賃の3~5%かかると言われていますが、同じ条件なら安い方がいいですよね。

賃貸管理手数料が固定されている会社もあるので、自分にあっている方を選ぶと良いかと思います。

2.対象のエリアで実績がある(管理戸数)

物件がある対象のエリアで実績がある、管理している物件が多数ある会社が安心かと思われます。

会社自体が各対象のエリアにアクセスの良いところにあるというのも大きなポイントです。

3.社歴が長く、行政処分を受けていない

社歴が長く、実績のある会社が安心です。不正などで行政処分を受けている場合、1度会社を畳んで別の社名で営業していることもあります。

社歴が長くても、行政処分を受けていない会社を選びましょう。

4.ホームページがしっかりしている

ホームページが見やすく、情報もたくさん載っている会社がおすすめです。

よい事ばかり書かれている、知りたい情報がすぐわからない会社は少し怪しいかもしれません。

5.レスポンスが早い

問い合わせなどへのレスポンスが早い会社のほうが、今後もしっかり対応してもらえる確率が高いです。

6.入居者の仲介も行っている

賃貸管理会社の仕事の一環として、入居者募集がありますが、多くの会社は仲介業務を外注しています。

仲介も責任を持って自社で行っている会社がおすすめです。

7.保証会社と提携している

家賃を滞納された場合や、夜逃げされた場合のトラブルや収入減は困りますよね。

そういったときに頼れる保証会社と提携している会社のほうが安心でしょう。

 

 

最後に一番大切なのは

担当者との相性です。

最終的にはここに尽きると思います。

会社自体は安心できるけど担当者がいまいちといった場合には

かなり言いづらいかもしれませんが担当者を変えていただくように連絡を入れることも

一つの手だと思います。

 

というわけで管理会社の選び方は以上になります

それではまた来週!!

 

 

SHARE THIS POST
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

最新記事

記事一覧に戻る

  1. TOP
  2. ブログ
  3. 不動産投資 ~物件管理②~