TOP
  1. ホーム
  2. ブログ
  3. 民法改正③瑕疵担保責任って何?

BLOG

ブログ

2020.02.
25

民法改正③瑕疵担保責任って何?

土地

契約

建物

民法改正の第3段です!

さて、今回の改正の目玉はズバリこれ!

「契約不適合責任」です!

 

売主の「瑕疵(かし)担保責任」が廃止され、

新たに「契約不適合責任」という責任が

売主に課させることになったのです!

 

さて、ここまでお聞きになって、

内容がすっと頭に入ってきましたか?

業界人でもない限り、ちと難しそうです。

 

「そもそも瑕疵担保責任って何だろう?」

そんな感じの方も多いのでは?

なので、瑕疵を簡単に解説してみましょう!

 

瑕疵とは「売買契約の目的物が通常有すべき

品質・性能を欠いていること」をいいます。

例えば、雨漏り・シロアリ被害・土壌汚染・

近隣の騒音・振動・異臭などです。

住宅の本来性能から見て欠陥部分のことです。

 

そんな瑕疵の中で、買主が注意していても

どうしても発見できなかった瑕疵のことを

「隠れた瑕疵」と呼びます。

 

「引渡し前に買主が瑕疵を発見できなくても

当然の状況だった。だから引渡し後でも

一定期間、売主は責任を負いなさい。」

これが「瑕疵担保責任」です。

 

ポイントは、瑕疵が隠れていたかどうか。

「買主が発見できなくて当然!」

と認定できるかどうかでした。

 

過去、この証明が結構難しかった。

実際に責任を負う場面は少なかったのです。

 

そこで登場したのが今回の目玉、

「契約不適合責任」です!

 

次回は「契約不適合責任」を

詳しく見ていきましょう!

SHARE THIS POST
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

最新記事

記事一覧に戻る

  1. TOP
  2. ブログ
  3. 民法改正③瑕疵担保責任って何?