TOP
  1. ホーム
  2. ブログ
  3. 水関連の地名にご注意?都市の洪水

BLOG

ブログ

2019.10.
22

水関連の地名にご注意?都市の洪水

その他

土地

◆浸水被害の中で気になったニュース

台風19号の被害の記憶が冷めやらぬ間に、

次の台風情報が押し寄せてきています。

まさに災害大国ニッポンの感が強い昨今です。

 

そんな中、こんなニュースを見つけました。

<ホリエモン、武蔵小杉タワマン被害で「地名に川とか沼とか谷とか。リスクはすごくある」>

 

 

◆最新鋭の街で起きた浸水被害

首都圏以外の方はご存知ないかもしれませんが、

この記事にある「武蔵小杉エリア」は、

大規模再開発で近年急速に発展している

「国内有数のタワーマンションの街」です。

いわば最新鋭の近代都市で、成功の象徴です。

それが「意外と災害に脆弱だった!」

と話題になっているのです。

 

 

◆元々の地勢に逆らうのは難しい

このブログでも何回か紹介してきましたが、

宅地はほとんど造成工事を経ていますから、

元々どんな土地だったのか、田畑か沼か、

見ただけでは分かり難いものです。

 

しかし、水や風などはやはり正直なもので、

元々の地勢の影響を大いに受けがちです。

しかもそういったものは、災害発生時に

露見したりしますので、案外重要です。

 

記事にある地名の他にも、例えば法務局で

閉鎖された過去の公図を調べることも出来ます。

その気になれば、調べる方法は色々あります。

 

 

◆購入者が主体的に調べることが大切

もう一つ、記事でのホリエモン氏の主張です。

購入前の不動産調査は、基本的には買主の

自己責任で行うのが大事だと、面白おかしく、しかし的確に指摘しています。

 

特に、今回の土地利用履歴調査のように、

重要事項説明の義務項目に含まれない項目で、

でも知っておいた方が良いものもあります。

彼は、自分で主体的に注意するよう心掛ければ、案外気がつくし簡単に調べられるよ!

と訴えています。

これはとっても大事な点だと思います。

 

もちろん私達はその手助けを全力でします!

どんな小さな疑問点でも、その調べ方でも、

どうか遠慮せずに投げかけてください!

SHARE THIS POST

最新記事

記事一覧に戻る

  1. TOP
  2. ブログ
  3. 水関連の地名にご注意?都市の洪水