TOP
  1. ホーム
  2. ブログ
  3. 境界について➀

BLOG

ブログ

2019.09.
13

境界について➀

その他

こんにちは!

今回から隣地との境界や測量や農地転用について話しますね!

 

というのも、最近私が担当した売買で上記の事柄が盛りだくさんな案件があり、

恥ずかしながら私も内容についてあまり理解していなかったのです。

自分には関係のない内容だ、と思うかもしれませんが、

 

・境界の立ち合いや隣地との境界トラブル

・土地面積の増減

 

こういった問題は、実は身近に起こっています。

いざ、そういったトラブルに巻き込まれたとき、少しの知識が皆さんの助けになればと思いお話ししていきます!

 

境界について

「土地境界立会いについてのお願い」という手紙は届いたことはありますか?

 

隣地の方が境界標修復または測量を行う際にあなたの敷地との境界はどこか一緒に確認してください。

という内容になります。

境界標がなくても隣地との境界が塀やブロックで明らかに、ここがお隣さんとの境界だと分かればいいのですが

お隣さんとの境界に何もなく、境界標なども見当たらない土地の場合、ここから自分の土地。

というのはかなり難しくなります。もちろんそんな場合でもお互いが納得してここだというのであれば問題はありませんが

お互いが違う位置を主張したとき大きなトラブルとなります。

そうなった場合、解決は難しくおおまかに2つあります。

 

・裁判で争う

・筆界特定制度を用いる

 

裁判で争うというのは何となくイメージがつくと思いますが、

筆界特定とは?

聞き馴染みのない単語ですよね。

 

次回は筆界特定についてお話しします!

 

 

 

 

SHARE THIS POST

最新記事

記事一覧に戻る

  1. TOP
  2. ブログ
  3. 境界について➀