TOP
  1. ホーム
  2. ブログ
  3. 媒介契約⑤

BLOG

ブログ

2019.08.
23

媒介契約⑤

土地

契約

長かった媒介契約も今週で終わりです。

ラストは媒介契約の選び方についてお話しします。

媒介契約が3種類あるのは覚えてますか?

それぞれの特徴は前回お話ししているので

もしお忘れならを見直しみて下さいね。

さて、今日は不動産会社として赤裸々にお話ししたいと思います。

まず不動産会社は専属専任、又は専任を勧める事が多いです。

なぜならせっかく媒介契約を結んでも一般であれば他社とも同じ契約を結ぶ事ができるので買主が現れた時どこの会社に連絡するかで手数料を頂けるかが決まってしまうからです。

しかし、必ずしも自分本意な理由だけで専属専任や専任を勧めるわけではありません。

前回もお話しした通り
1社に任せることで
依頼者の希望に沿った販促活動ができる。
すべて任せるので依頼者の手間が少ない。

こういった全体の事を考慮して不動産会社として専属専任や、専任を勧めます。

さて媒介契約の選び方として
何を優先するかで変わります。例えば、

1.売却の手間
2.売却までの速さ

1、を取るならもちろん専属専任や専任。
2、を取るなら一般もしくは専任

2、では単純に考えると一般で複数の不動産会社から販促活動を行えばより早く売れるのではと考えてしまいがちですが

買いたいお客様からの問い合わせは

・近畿圏不動産流通機構(通称 レインズと呼ばれるサイト)を通じて不動産会社から問い合わせが来る。

・現地看板、チラシ、ネット広告を通じて問い合わせが来る。

この2点がほとんどです。

そうなったときに媒介契約を結んでいる会社が1社か複数か関係ないことが多く

必ずしも一般だから早く売れるわけではありません。

 

ですので

私のおすすめは依頼者の手間が少ない専任で1社に契約期間最大の3か月お任せして様子を見てみます。

きちんと連絡があり誠意ある対応であればそのまま3か月後、同じ会社に任せればいいし

不信感を抱くようであれば他の会社に任せればいい。

しかし個々の物件、事情があるので担当者と相談しながら決めるのが一番だと思います。

 

以上で媒介契約の説明は終わりです。

来週から何を題材にしようか検討中です。なにか興味のあることがあれば教えてください!

お願いします。

 

 

 

 

 

 

 

SHARE THIS POST

最新記事

記事一覧に戻る

  1. TOP
  2. ブログ
  3. 媒介契約⑤