TOP
  1. ホーム
  2. ブログ
  3. 「メルカリで家を買う」?

BLOG

ブログ

2019.06.
18

「メルカリで家を買う」?

その他

契約

偶然、こんなブログを見つけました。

(参照「建築士になるまでに/メルカリで家を買う」)

タイトルに惹かれて読んでみたところ、なかなか面白い。

でも読み終わった後は、ひとこと「う~ん」とうなって、

それから色々と考えてしまいました。

 

話の筋は、

「買主側の建築士として不動産取引に係ったが

仲介業者の不誠実な対応に怒りを覚えた!

原因は担当者の問題だけじゃない!

業界の構造自体が歪んでいるからだ!

そこで、この現状に解決策を提案したい!

不動産取引用のECサイトを立ち上げよう!

そうすれば市場に緊張感が生まれる!

そして市場は健全化されるはずだ!」

そんな感じでしょうか。

 

私達の視点からすれば、重要事項説明の軽視など、

消費者に降りかかる危険を軽く見過ぎているとも感じます。

(それは「妄想」とご本人も認めていらっしゃいますが)

でも書かれていることの全体像は、筆者には

“当たらずとも遠からず”だと思えました。

 

本来「宅地建物取引業法」は消費者保護のための法律です。

それが今や、業者の権益保護になっていないか

というのが、ブログ主の問題提起でしょう。

 

しかも「今のネット時代、新たな仕組み作りは意外と簡単!」

という主張は的を射ています。

タクシーや民泊など、他業界の実例はごまんとあります。

「妄想」だと笑っていられない現実が目の前に広がっています。

業界地図が猛スピードで書き直される可能性はあるでしょう。

 

では我々業界人は、いま何を心掛ければいいのか?

それは原点回帰で「消費者保護の精神」に立ち返ること

それ以外ないと思います。逆にそれさえあれば、

新時代にも順応していけるのではないでしょうか。

最後は「フンドシを締め直す」気分になりました。

SHARE THIS POST

最新記事

記事一覧に戻る

  1. TOP
  2. ブログ
  3. 「メルカリで家を買う」?