TOP
  1. ホーム
  2. ブログ
  3. 居住誘導区域が決まった

BLOG

ブログ

2019.05.
07

居住誘導区域が決まった

その他

土地

「令和」になって早1週間!

過去最大級のGW10連休もあっという間に過ぎ去りました!

時の流れは残酷なまでに早いものです(汗)

 

平成のことなどもう忘却の彼方ですが(苦笑)

ちょっと思い出してください!m(_ _)m

この前は和歌山市の『立地適正化計画』の話をしていました!

街をコンパクトシティにする新しい計画です。

続きは『居住誘導区域の設定』からでした。

 

そもそも街は、すでに都市計画で、

市街化すべき「市街化区域」と、

市街化を抑制すべき「市街化調整区域」に

選別されています。

 

なのに今度の新しい計画では、その「市街化区域」を更に

「人を集めるべき良い立地の居住地域(居住誘導区域)」と、

「そうでない地域(居住誘導区域外)」に分けました。

 

具体的に見てみましょう。

冒頭の「和歌山市・居住誘導区域図」をご覧ください。

(ちょっとぼやけていてすみません(汗))

黒の太線内が「市街化区域」です。

「市街化区域」の中でオレンジ色が「居住誘導区域」です。

 

そうでない地域は、グリーン色「みどりと風致・景観を守るエリア」

ブルー色「産業活力を維持・向上するエリア」です。

「災害危険区域(土砂災害特別警戒区域など)」も除外されます。

 

そうでない地域(居住誘導区域外)で一定の開発行為等を行うときには、

市町村長への届出が義務になります。

 

さて、この図を初めて見た時の個人的な感想は、実は

「案外、大半が居住誘導区域に含まれているな」

「これで目標のコンパクトシティ化にどれほどの効力があるかな」

でした。

 

でも、コンパクトシティ化は国の中心政策の一つです。

しかも「不断の見直しを行う」と規定されています。

つまり、規制は少しずつ厳しくなっていくかもしれません。

油断なりません。

 

国はこの法律で何をしようとしているのか。

それは各人の個人資産にどんな影響を与えるだろうか。

次回もう少し考えてみたいと思います。

SHARE THIS POST

最新記事

記事一覧に戻る

  1. TOP
  2. ブログ
  3. 居住誘導区域が決まった