TOP
  1. ホーム
  2. ブログ
  3. 「仮契約」って何?

BLOG

ブログ

2019.03.
22

「仮契約」って何?

契約

不動産の取引で、時々「仮契約」「本契約」という言葉を聞きます。

よく聞く説明は、手付金を支払ったときが「仮契約」、

残代金を支払って物件の引き渡しを受けたときが「本契約」

というものが多いです。

 

この説明は、基本的には間違っています。

不動産売買契約に「仮契約」というものは存在しません。

というより、そもそも「仮契約」という法律定義がありません。

法律的には、仮契約であろうと、本契約であろうと、契約は契約です。

どちらも同じ法的効果がありますし、法的拘束力もあります。

 

ですから、一部の例外的なもの(停止条件付き契約など)を除いて、

売買契約書にハンコを押した時点で、売買契約は成立です。

 

そうすると、原則キャンセルはできません

契約書に書いてある解除条件に当てはまるときだけです。

そう、後戻りはできないのです。

 

契約書の約款には「手付金を放棄する」などの解除条件が必ず記載さています。

記載が無ければ、それはかなり問題のある契約書です。

契約に署名捺印する前に、必ずその記載を確かめてください。

 

不動産取引では、この認識の差から発生するトラブルが多いのが実状です。

「仮契約だからいつでも取り消せる」などと誤った考えのままで、

安易に契約を進めることは絶対に避けてくださいね。

SHARE THIS POST
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

最新記事

記事一覧に戻る

  1. TOP
  2. ブログ
  3. 「仮契約」って何?