TOP
  1. ホーム
  2. ブログ
  3. 遺言書が変わる

BLOG

ブログ

2019.03.
18

遺言書が変わる

その他

土地

建物

先日取り上げた、相続に関する新しい法律のお話です。

配偶者居住権に続くもう一つの目玉は

遺言書の制度が変わったことです。

 

知っているようでよくは知らない『遺言書』ですが、

一般的には「公正証書遺言」「自筆証書遺言」の2種類があります。

(「秘密証書遺言」というのもありますが、あまり使われていないそうです)

 

公正証書遺言は、公証人に作成してもらい、公正役場で保管してもらいます。

なので、遺言が無効にならない、紛失防止、偽造防止、などのメリットがありますが、

公証人以外に証人が2名必要な上に、手続きに時間や費用がかかります。

 

その点、自筆証書遺言は、紙とペンさえあれば、

いつでもどこでも簡単に作成できるのがメリットです。

しかしその反面、書き方が正しくないなどの理由で、

無効のリスクが大きいやり方でもあります。

 

特に大変なのが、全文を自分で書かなければならないことでした。

財産目録も通帳明細も、全てです。

代筆も、タイプも、コピーも駄目でした。

 

それが今度の改正で、相続財産目録については自書する必要がなくなりました

目録をパソコンで作成したり、不動産の登記事項証明書や預金通帳の

コピーを添付することが可能になったのです。

 

自己責任だった遺言書の保管も、法務局で預かってくれる制度ができました。

 

これで遺言書がぐっと身近になった気がしますね。

不動産は分割相続し難い財産なので、こうした動きはありがたいことです。

 

それでも、不備があれば無効になるリスクがゼロになった訳ではありません。

専門家のアドバイスはやはり必須でしょう。

でも誰に相談していいか分からない…

そんな時は、ぜひ私たちに一声かけてください。

SHARE THIS POST
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

最新記事

記事一覧に戻る

  1. TOP
  2. ブログ
  3. 遺言書が変わる