TOP
  1. ホーム
  2. ブログ
  3. 段ボールベッドとソーシャルビジネス

BLOG

ブログ

2019.03.
11

段ボールベッドとソーシャルビジネス

その他

東日本大震災の発生から、今日でちょうど8年です。

ここ数日、関連のニュースやドキュメントが溢れています。

その中で気になった記事を一つご紹介します。

段ボール製の簡易ベッドのお話です。

 

その記事はこちらです。

「段ボールベッドで避難所革命/

東日本大震災がきっかけで開発、下町企業が利益より優先するものとは」

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6316671

 

内容の詳細は上記の元ネタ記事に譲りますが、

新聞社の社会部ではなく経済部の記事なのが興味を引きました。

 

ボランティア活動の一種ですが、個人の自由活動ではありません。

余裕のある大手企業の社会福祉事業でもありません。

経営の厳しい、しかも大阪の、中小企業が取り組んだお話です。

 

その会社にとって、直接商売につながる事業分野ではなかったと思います。

段ボール工場の経営資源は生かせましたが、投資に余裕はなかったでしょう。

でも、被災者の役に立ちたい!今、社会に必要だ!と心から思ったから、

様々な障害を乗り越えて粘り強く取り組んだ!と伝わる記事でした。

 

そして今では、昨年夏の西日本豪雨など、多くの現場で喜ばれているそうです。

事業規模としてはまだまだ小さいようですが、

採用してくれる自治体や企業も徐々に増えて、

その会社にとっては使命感さえ伴った、長期の事業目標に育っているとのこと。

そしてそれは、会社のブランドイメージにも大いに貢献しているようです。

 

中小とはいえ企業が取り組むと、個人の場合とはまた違って、

社会貢献に収益面も含めた発展性や継続性が考えられます。

こういうものを『ソーシャルビジネス』というそうです。

 

私たちイエステージグループも、経営理念に「地域社会の発展に貢献」と掲げた、地域密着型の企業です。

地域の皆様に支持され、共に発展していけるように、

社会的な利益を強く意識して、仕事に取り組んでいきたいと思います。

SHARE THIS POST

最新記事

記事一覧に戻る

  1. TOP
  2. ブログ
  3. 段ボールベッドとソーシャルビジネス