TOP
  1. ホーム
  2. ブログ
  3. 「特定空き家」

BLOG

ブログ

2019.02.
22

「特定空き家」

土地

建物

先日「空き家に関する法律」について書きました。

今日はその番外編で、「特定空き家」の話をしようと思います。

 

2015年に自治体の空き家対策が本格化した訳ですが、

その中心は「特定空き家の指定」です。

 

では特定空き家に指定されるとどうなるのでしょう?

先ず、撤去・修繕など指導を受けます。

改善されない場合は、次に勧告が出されます。

そして勧告を受けると、固定資産税などの住宅用地特例から除外されます。

対象外となると、固定資産税などが最大6倍に跳ね上がります。

これは所有者にとって結構大きなデメリットです。

 

更に、もし勧告に従わなければ命令が出されますが、

この命令にも従わなければ、50万円以下の過料が科せられます。

その上、市町村の行政代執行による強制撤去が行われるかもしれません。

その費用はもちろん所有者から徴収されます。

 

こうなってしまうと、もう大変です。

 

では、どのような状態だと「特定空き家」と判断されるのでしょう?

1)倒壊などの保安上危険となるおそれのある状態

2)衛生上有害となるおそれのある状態

3)景観を損なっている状態

4)生活環境の保全上、不適切な状態

 

要は、適切な管理がされていなくて、かつ地域の迷惑になってしまっていると、特定空き家に指定されます。

 

色々な事情で空き家になっていると思います。

でも放置したままでは、大きなリスクを背負うことになります。

自分の家に最も適した有効活用の方法がないか情報収集して、特定空き家にならないよう気を付けてください。

私たちも全力でご相談に乗ります。

SHARE THIS POST

最新記事

記事一覧に戻る

  1. TOP
  2. ブログ
  3. 「特定空き家」