TOP
  1. ホーム
  2. ブログ
  3. 不動産登記に関する法律

BLOG

ブログ

2019.02.
12

不動産登記に関する法律

土地

契約

建物

不動産取引に関連する法律の第7弾は「不動産登記に関する法律」です。

 

去年は明治維新150周年でした。

維新以来、新しい仕組みが色々とできましたが、

国民の権利を保護するために導入された新制度もありました。

その2本柱が「裁判制度」と、今日のテーマの「登記制度」です。

 

登記と言えば不動産!

を先ず思い浮かべる人も多いだろうと思います。

当り前ですが、不動産は名前を書いたり、持ち歩くことはできません(笑)

ですから不動産の所有権等を保護するためには、不動産の登記が欠かせないのです。

 

そんな不動産登記の手続きを定めたのが不動産登記法です。

この不動産登記法、実は古くて新しい法律なんです!

ん?古くて新しい?

 

2004年(平成16年)に105年ぶりの大改正を行ったんですが、

それがちょっとやそっとの改正じゃありません。

なんと、その全文を書き改めたんです!

この改正に伴って、約130もある関係法令も改正されました。

 

なんでそんなに根こそぎ変えたのか。

その最大の理由は、登記情報のコンピュータ化です。

 

例えば、前にもこのブログで書きましたが、

従来の『登記済権利証』が無くなって、『登記識別情報』という“情報”に代わったのでした。

 

新時代に入った不動産の登記制度ですが、

今も昔も、私たちの大切な財産を保護してくれる

大切な制度であるのに変わりはありません。

高齢化社会が進んで、新しい種類のトラブルも増えているといいます。

その道のプロに“正しい登記”がされているかを見てもらうなど、

日頃から安全・安心の対策を怠らないでくださいね。

SHARE THIS POST

最新記事

記事一覧に戻る

  1. TOP
  2. ブログ
  3. 不動産登記に関する法律