TOP
  1. ホーム
  2. ブログ
  3. 不動産取引に係る士業⑤行政書士

BLOG

ブログ

2018.12.
18

不動産取引に係る士業⑤行政書士

土地

契約

建物

今日ご紹介するのは、行政書士です。

 

不動産の手続き代行といえば、前にご紹介した司法書士のイメージが強いかもしれません。

実は行政書士にも、役に立つ不動産関連業務があります。

 

不動産を買ったり借りたりするのは、大抵何か目的があるからでしょう。

「農地だった土地に建物を建てたい」

「飲食店を開業したい」

「中古不動産の用途を変更して利用したい」

「民泊を始めてみたい」

「不動産業を開業したい」

などなど、不動産を使って何かを始めたいときが、行政書士の出番です。

 

例えば農地を宅地に転用したいときは、建築許可の前にまず農地転用の手続きが必要です。

この農地転用に関する文書の作成が、行政書士の独占業務の一つです。

 

他にも、

●建物の用途変更

●飲食店許可

●民泊など宿泊関連許可

●その他、不動産の条件が定められている営業許可

●車庫証明の発行

などの手続きは、不動産に詳しい行政書士がとても頼りになります。

 

不動産に詳しい行政書士は、司法書士や建築事務所、不動産事業者との連携も密に行っています。

あなたの目的が間違いなく進むように、力強い味方になってくれるはずです。

SHARE THIS POST
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

最新記事

記事一覧に戻る

  1. TOP
  2. ブログ
  3. 不動産取引に係る士業⑤行政書士