TOP
  1. ホーム
  2. ブログ
  3. 不動産取引に係る士業②司法書士

BLOG

ブログ

2018.12.
12

不動産取引に係る士業②司法書士

土地

契約

建物

不動産の取引に係る士業で代表的なのが司法書士です。

不動産の売買取引に、登記手続きは欠かせません。

登記は、権利の保護や取引の安全のために、法律に基づいて財産や事柄を一般に公示する制度です。

司法書士は、その不動産登記の専門職です。

つまり司法書士は、不動産取引に欠かせない士業なんですね。

 

ところで、登記申請を自分ですることも実はできます。

むしろ不動産登記法は当事者(売主、買主など)の「本人申請」が原則です。

司法書士ができるのはその代理行為です。

 

しかし、現実には専門家に任せないと難しいのが実際です。

もしミスがあれば、取引が安全に行えないからです。

特に住宅ローンを借りる場合は、金融機関が司法書士への依頼を必須とする場合がほとんどです。

その他にも、相当な手間やリスクがあります。

ですので、ほとんどの方が司法書士に登記手続きを依頼しています。

 

その他にも、近年では成年後見に関する業務があります。

認知症など成年被後見人の不動産売却などでも、司法書士はその支援を担います。

 

このように、司法書士は不動産取引に欠かせない士業の一つです。

私たちが普段お世話になっている司法書士の先生方も、安全な取引にとても頼りになる方ばかりです。感謝しています。

SHARE THIS POST
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

最新記事

記事一覧に戻る

  1. TOP
  2. ブログ
  3. 不動産取引に係る士業②司法書士