TOP
  1. ホーム
  2. ブログ
  3. 新しい用途地域『田園住居地域』

BLOG

ブログ

2018.10.
29

新しい用途地域『田園住居地域』

土地

ご存知の方も多いと思いますが、「都市計画法」という、街作りをするための法律があります。

「ここは住宅街」「こっちはビジネス街」「この辺りは工場地帯」

効率的で住みやすい街を作るための設計図になる法律です。

 

その都市計画法で、市街化すべき場所には12種類の用途地域が決まっています。

住居系が7つ、商業系が2つ、工業系が3つの計12種類です。

 

実は今年4月、25年ぶりに13個目の、新しい用途地域が追加されました。

「田園住居地域」といいます。

その名の通り、8つめの住居系用途地域です。

田畑と市街地の共存を図る目的で策定されました。

 

まだ施行されたばかりなので、実際に指定された場所はまだほとんどないようです。

ただ、生産緑地法が2022年に終了することに対応して作られたと言われていますので、それまでの間には、必要な場所に順次指定されていくと思われます。

 

用途地域の指定替えがあると、当然その土地の建築制限の内容が変わります

新たにできることが増えたり、逆にできないことが出てきたりします。

恐らく同じ住居系での指定替えでしょうから、あまり神経質になり過ぎる必要もないと思われますが、しばらくはその動向に注意深くありたいものです。

SHARE THIS POST
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

最新記事

記事一覧に戻る

  1. TOP
  2. ブログ
  3. 新しい用途地域『田園住居地域』