TOP
  1. ホーム
  2. ブログ
  3. お家のメンテナンス:秋編③冬が来る前に

BLOG

ブログ

2018.10.
23

お家のメンテナンス:秋編③冬が来る前に

その他

二十四節気では、今日10/23から11/6を「霜降(そうこう)」と言うそうです。

聞きなれない言葉ですが、読んで字のごとく、早朝に霜が降り始める季節です。

次の節気は「立冬」。そう、もう冬は目の前です。

 

本格的な冬がやってくる前、秋の間にした方がいいのにやり残していることはありませんか?

例えば、当たり前ですが冬は寒いので、外に出るのが億劫です。

家の周りで、今のうちに直しておいた方がいい箇所はないか、チェックしてみましょう。

特に窓回りなど、経年劣化で隙間が空き始めたら、せっかくの暖房効果が薄れてしまいます。

エクステリアの補修や、剪定などの植栽のお世話も、木枯らしが吹てからでは大変です。

必要なら専門家の手も借りて、今のうちにやっておきたいものです。

弊社の緑彩事業部の面々もぜひ活用してください。

 

他にも、みるみる日が短くなって、灯りに頼る時間が長くなるのもこの頃からです。

その照明器具ですが、ホコリ程度の汚れでも1~2割ほど明るさが落ちてしまうそうです。

だったらこの季節、照明器具の掃除をしてみるのはどうでしょう。

なにも年末大掃除までおいておかず、むしろこの時期に!と筆者は思います。

水拭きするのにまだ手も冷たくないですしね。

 

古い照明器具は、思い切ってLEDに変えてみるのもいいかもしれません。

最近のLED器具には、省エネ効果だけでなくて、光の色を変えたり、様々な機能がある物もあります。

一灯を変えるだけで、夜が多い季節を手軽に楽しめるかもしれませんね。

 

寒い冬は、家族団らんの季節かもしれません。

秋の終わりに、楽しみの準備を整えてみてはいかがでしょう。

SHARE THIS POST
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

最新記事

記事一覧に戻る

  1. TOP
  2. ブログ
  3. お家のメンテナンス:秋編③冬が来る前に