TOP
  1. ホーム
  2. ブログ
  3. 2つのタイプの『権利証』

BLOG

ブログ

2018.10.
16

2つのタイプの『権利証』

土地

契約

建物

ドラマや小説でよく耳にする「不動産の権利証(書)」。

実は『権利証』という書類はなくて、いわゆる俗称です。

では、本当は何という名前の書類なのでしょう?

 

実は、昔のタイプと今のタイプの2種類あります。

昔のタイプが、ドラマなどによく出てくるアレで、正確には「登記済証」といいます。

何となく聞いたことがある気もしますね。

 

もう一つ、新しい今のタイプは、「登記識別情報」といいます。

平成17年の法改正から、新たに発行する場合は全てこの「登記識別情報」に切り替わりました。

まだほんの10年ほど前の事です

 

でも、この「登記識別情報」という名前、なんだか聞きなれない言葉です。

少し説明しますと、昔タイプの「登記済証」は、書面自体で所有者本人の確認をしていました。

それに対して今タイプの「登記識別情報」は、パスワードのような“情報”で所有者本人の確認をします。

それは、アラビア数字やアルファベットを組合せた12桁の符号です。

つまり、書面ではなくて、この情報自体に効力があります。

ですからメモやコピーで十分効力があります。

盗難には十分注意しなければなりません。

 

ところで、上記の2タイプの『権利証』は、どちらも所有者であることを証明するだけの書類です。

それだけでは、実際に不動産の権利を移転することはできません。

(ドラマとはちょっと違います(苦笑))

でもそこに、実印と印鑑証明も揃っていると、話が違ってきます。

逆に言うと、①権利証、②実印、③印鑑証明書の発行カード、の3点は、一緒に保管しない方がいいです。

これもぜひ注意してください。

 

また『権利証』は、どちらのタイプであっても、一度失くすといかなる理由でも再発行できませんので、その点も要注意です。

 

普段はあまり触れることのない不動産の『権利証』。

この機会に、保管の仕方など、一度見直してみてはいかがでしょう。

 

(※画像は法務省ホームページより引用)

SHARE THIS POST
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

最新記事

記事一覧に戻る

  1. TOP
  2. ブログ
  3. 2つのタイプの『権利証』