TOP
  1. ホーム
  2. ブログ
  3. お家のメンテナンス:秋晴れ編

BLOG

ブログ

2018.10.
08

お家のメンテナンス:秋晴れ編

建物

日本は四季がはっきりしているとよく言われます。

それだけに季節を表す言葉もたくさんあります。

「二十四節気」は、春夏秋冬の4つの季節を、さらに6つずつに分けた季節です。

「立春」「春分」「夏至」など、私たちは今でも知らず知らずのうちに使っています。

今日、10月8日から22日は、「寒露(かんろ)」といいます。

秋の長雨が終わって“秋晴れ”が広がり、本格的な秋が始まる頃です。

 

このように一口で「秋」といっても、日本では実に様々な変化があります。

それを見事に表している二十四節気は、お家の手入れにも大いに役に立ちます。

「寒露」の頃には、秋晴れの気持ちの良い天気を利用した手入れをしましょう。

例えば、夏の間に汚れたフローリングをきれいにするにはピッタリです。

いつもの掃除機に、水拭きとから拭きをプラスして汗と皮脂の汚れを落とした後は、ワックスで綺麗に仕上げましょう。

他にも秋の陽射しを使って、布団やベッドなどの寝具もしっかりメンテナンスできます。

乾燥した晴天が続くことが多い秋は、本や衣類の「虫干し」にも最適な季節です。

 

秋は住まいのお手入れに最適なシーズンです。

でも良い季節はそう長くは続きません。

次の「霜降(そうこう)10/23〜11/6」になると日は一気に短くなり、その次は早くも「立冬(りっとう)11/7〜11/21」です。

機会を逃さず、上手く秋の天候を利用して、冬への準備を始めましょう。

SHARE THIS POST
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

最新記事

記事一覧に戻る

  1. TOP
  2. ブログ
  3. お家のメンテナンス:秋晴れ編