TOP
  1. ホーム
  2. ブログ
  3. お家のメンテナンス:夏編④ 自然災害対策

BLOG

ブログ

2018.08.
10

お家のメンテナンス:夏編④ 自然災害対策

その他

土地

契約

もともと日本は自然災害の多い国ですが、今年の夏は特に、台風や豪雨などの被害が多いように思います。

自然災害は、人間には避けようのないもの、必ずやってきます。

だからこそ、日頃から対策を立ててメンテナンスしておきたいものです。

夏の災害と言えば、先ず思い浮かぶのが「台風」

台風の特徴の一つは、やはり強風被害です。

台風がやってくるのが分かったら、最初に確認してほしいのが「雨戸」

強風で、どんなものが飛んで来るか分かりません。そんなときに、飛来物から窓を守るのが雨戸です。

いざという時に、上手く閉じられなかったり、レールを滑らなかったりすると大変です。こまめに油を差すなど、メンテナンスを怠らないようにしておきたいものです。

加えてガラス飛散防止フィルムなんかを活用するのもいいでしょう。

庭やベランダ、窓の周囲にある植木鉢、物干し竿などにも気を配って下さい。台風の時に、これらを外に出したままでは、非常に危険です。

自分の家だけではなく他の人にも被害を及ぼしてしまう可能性もありますから、その意味でも気を付けましょう。

不在時にも飛ばされないよう、固定しておくなどのメンテナンスを怠らないようにしておきたいですね。

もう一つ夏の災害で、特に最近すさまじいのが、「浸水被害」です。

浸水による家財への被害は、思うよりも甚大です。。

こちらも日頃の心がけで、ある程度は被害を軽減できます。

排水溝が詰まっていないか、あるいは夏編③で取り上げた外壁のチェックは日頃から心掛けたいものです。

排水口は泥水の逆流をもたらしますし、劣化した外壁では、側面からの浸水を許すこともあります。

自治体によっては土のうを配給するところも多いので、配給場所をあらかじめ確認して置いたり、自前で準備しておくのもいいと思います。

予報が出たら、貴重品や電化製品で可能な物は、あらかじめ2階や高いところに移動しておくのも、一つの手ですね。

また上階にトイレ設備がない家にお住まいの方は、簡易トイレなども常備しておくのが良いかもしれません。

この夏の台風はむしろ今からが本番かもしれません。ご家族で話し合って、安全第一で対策してみてください。

SHARE THIS POST
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

最新記事

記事一覧に戻る

  1. TOP
  2. ブログ
  3. お家のメンテナンス:夏編④ 自然災害対策