TOP
  1. ホーム
  2. ブログ
  3. 「道」と「道路」の違い?

BLOG

ブログ

2018.08.
03

「道」と「道路」の違い?

土地

建物

皆さんは、「道」と「道路」の違いって、考えたことはありますか?

変なことを聞くと思われるかもしれませんね。

しかし法令では、「道」と「道路」という用語は明確に使い分けられています。

先ずは「道」のこと。

辞書などに「道」は、「古来より自然発生的に生じた、人や車などが往来するためのところ」と書かれています。

一方の「道路」。

「道路」は、「人工的に築造・管理されているものなど、道の中でも一定用件を満たすもの」を法令で定めています。

つまり、たくさんある「道」の中で、目的があって法令で決められたものだけを「道路」と言います。

道路を定める法令は、目的によって「建築基準法」「道路法」「道路交通法」など、実に様々です。

実際には複数の法律にまたがって定義されている「道路」も多いですが、それぞれ別の意味の「道路」です。

私たち不動産業界では、「建築基準法に定める道路」が重要です。

それは建築基準法第43条に次の規程があるからです。

「接道義務:建物を建築する敷地は、建築基準法に定める道路に2m以上接しなければならない。

この”建築基準法上の道路”に接していないと、そこの敷地では建築できない訳ですから、ことは重大です。

問題になるのは、見た目は「道」なんだけど「建築基準法上の道路」でない時なんです。

これを見分けるのは、プロでもそう簡単という訳ではありません。

そしてこれは、決して希少なケースでもないんです。

「建築基準法上の道路」にはいくつか種類がありますが、それはまた別の機会にご紹介したいと思います。

先ずは、実は「道」にも色々ある、と覚えておいてください。

SHARE THIS POST
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

最新記事

記事一覧に戻る

  1. TOP
  2. ブログ
  3. 「道」と「道路」の違い?