TOP
  1. ホーム
  2. ブログ
  3. 「ドライガーデン」

BLOG

ブログ

2018.08.
30

「ドライガーデン」

ガーデンエクステリア

イエステージのコンテナ事務所には、顔ともいえる力強くおしゃれな「ドライガーデン」があります。

弊社のスタッフであるガーデンデザイナーが、建物のイメージに合わせカッコよくデザインしました。

「ドライガーデン」とは砂利や石材を使い、乾燥地帯の植物などを植えた乾いたイメージのお庭のことです。

バラのお庭など洋風で女性らしい雰囲気とは対照的で、男っぽくワイルドなイメージ

よく使われる植物としては、ユッカ、ドラセナ、サボテン、アガベ、アロエなどが挙げられます。

最初に目がいくのは、頭が3つに分かれてシルバーの葉が勢いよく尖り、幹がウロコのようなユッカリギタ

原産国はメキシコでブルーユッカとも呼ばれシルバーブルーの葉が美しいですよね。

ガーデンデザイナーいわく、寒さや乾燥にも強く、あまり手をかけなくても育ち、虫にも強いそうです。

とはいえ、水は3日に1回。

コンテナ事務所のように屋根がある環境だとより元気に見た目もキレイに育ってくれるとのことです。

本格的なドライガーデンに挑戦してみようという方は是非イエステージにご相談下さい。

 

SHARE THIS POST
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

最新記事

記事一覧に戻る

  1. TOP
  2. ブログ
  3. 「ドライガーデン」